トップページへ

TOP採用情報

先輩社員の声

先輩社員の声

磯貝 大樹

圧延課(2011年度入社)
上智大学大学院/理工学研究科理工学専攻修士課程 卒

先輩方に教わりながら
圧延の面白さや奥深さを日々実感しています。

顔写真

圧延課は社内で造ったアルミ鋳塊を圧延機で板にする工程からプレスや切断機で条、角板、丸板といった製品の生産まで行っています。

私は圧延工程を中心に技術員という立場から関わっています。圧延工程は製品の品質に大きく関わる重要な工程なのでプレッシャーを感じることもありますが、現場で働く先輩方に教わりながら圧延の面白さや奥深さを日々実感しています。

技術員の業務は品質納期管理から生産環境の改善、課員の労務関係まで多岐にわたります。言い換えればやる気次第でどんな事にもチャレンジできる仕事だと思います。また、よりよい製品を効率的に生産するために課員と課員、工程と工程、課と課をつなぐ橋渡し役であるともいえます。
そのため、圧延課内だけでなく社内外の様々な方たちと接する機会があります。
そうした人達との触れ合いからも日々刺激を受けています。

新規案件に関わらせてもらうなど、1年目からドンドン仕事を任せてもらえる社内環境も魅力の1つだと思います。

仕事風景

松田 千種

特品課(2011年度入社)
秋田大学/工学資源学部材料工学科 卒

女性だからこそ気付けることも多くあり、 社内に新しい風を吹かせることが私の目標です。

顔写真

特品課ではスラグの製造を行っています。 スラグとはスプレー缶や医薬品のチューブ、ハードディスクのハブなど、インパクト加工や鍛造加工に使用される素材のことです。最近ではスラグに切削加工を施し、自動車に使用されるプレート部品になるなど、用途の幅を広げています。

私はその中で技術員として業務にあたっており、スラグの品質管理、金型設計をはじめ、現場と営業部の橋渡しや、お客様と一緒に新しい案件への取り組みと、日々多くの人と接しながら働いています。

製造業ということで男性が多い職場ではありますが、その中で女性だからこそ気付けることも多くあり、社内に新しい風を吹かせることが私の目標です。
ものづくりに興味のある方、男女問わず一緒に働いてみませんか?

仕事風景

寺下 匡大

工務課 (2012年度入社)
秋田大学/工学資源学部材料工学科 卒

毎日の新たな経験・発見が、やりがい・ 面白さ・キャリアアップにつながっています。

顔写真

工務課では工場内設備のメンテナンス及び修理を行っています。
設備とひとまとめに言っても圧延機、プレス機などの大きな設備からクレーンなどの小さな設備まで多種多様です。また、設備トラブルの原因も毎回異なるため、毎日新たな経験・発見をすることが出来ます。
日々新たな発見を出来ることが設備保全のやりがい・面白さであり、自分のキャリアアップにつながっていると感じています。

私は元々設備保全に関しての経験がない状態で工務課配属になりましたが、課内の先輩方は基礎から指導してくれますし、後輩が悩んでいる時は同じ目線に立ち問題を一緒に考えてくれますので知識・経験がない人でも安心して働ける職場です。

また、圧延製造部はサークル活動も盛んで多くの社員が参加しています。 自分の趣味も充実させながら仕事に取り組める社内環境も魅力だと思います。

仕事風景

素材

加工

キッチンウェア

このページのトップへ